【2015/3/16】講座「雑談から始まるファシリと場づくり (ファシリテーション実践基礎)」参加者募集中!

講座「雑談から始まるファシリと場づくり (ファシリテーション実践基礎)」の参加者募集を開始しました!

「なぜ、この会議はうまくいかないのだろう?」「どうして意見を言ってくれないのだろう?」
多人数の参加する場を運営するコツのヒントは、日常の仕事や生活にたくさんある。
日常の中でファシリテーションを使いこなすために、必要な考え方とポイントに焦点を当てた講座です。

企業や行政、地域集会、NPO、サークル、自主勉強会など、多人数の場における参加者主体のコミュニケーションを実践的に学びたい方、ぜひご参加ください!

▼講座詳細はこちらから。
http://empublic.jp/facilitation-basic

【2016/3/15昼コース・スタート】講座「自分のミッションを探究しよう」参加者募集中!

ばづくーるゼミ「自分のミッションを探究しよう ~4つの対話でひも解く自分の役割」(全4回)の参加者募集を開始しました!

「自分が本当にすべきこと」は、そう簡単には見つからないでしょう。それぞれのミッションは一生変わらないものではなく、経験とともに深まっていくもの。正解を見つけ出すよりも、その時の自分なりのミッションを探り続け、困難な時にミッションを問いかける習慣を身につけることでしょう。また、いくら自分にミッションがあっても、実現するには周りの協力が必要なため、ミッションを周りに伝えることも大切です。

このプログラムでは、自分のミッションを多面的な視点から探っていくために、ワークシートやツールを使って自分で考え、それを他者に伝え、他者と対話することで深めていきます。

<全4回の構成>

  1.  自分のトリセツをつくろう
  2. インタビューを受けて、プロフィール記事を作ってもらおう
  3. これから出会う自分をビジュル化!~困ったときに頼れる「自分のクレド」をつくろう
  4. 自分のミッションを共感を呼ぶように伝えよう

平日昼コース(3/15~)と平日夜コース(3/3~)があります。
ただの「自分探し」ではなく、対話によるミッション探究のプロセスを通して、周りの共感を得られるコミュニケーションについても学びたい方、ぜひご参加ください。

▼ゼミ詳細はこちらから。
http://empublic.jp/my_mission

【2015/11/27】「パブリック」を語ろう! ~ コミュニティと公共の間を考える

nezu_public
いま、「パブリック」「公共」という言葉は揺れています。
 
「パブリック」「公共」というと縁遠い感じもしますが、公共施設、公共空間、公共放送、公教育など日常の中で「公共」とつくものを、私たちはよく利用しています。
 
それらの整備や運営は、かつては行政が中心に運営してきていました。しかし、近年では、公共施設を指定管理者など民間事業者が運営を担うことも、福祉や教育などをNPOなど民間が提供することも増えています。
 
民間事業者が担うことで、「図書館が夜間まで利用できるようになった」などの利便性が高まる一方で、「利便性重視で公共性が弱まっている」などの批判もあります。また、公共空間である公園で「禁止事項が多すぎ、できることがない」といった困惑の声も聞こえます。また、高齢者施設だけでなく、学校や保育園なども、近隣住民からの建設反対が多くなっています。
 
「それぞれの考えでいい」「私たちは私たちの活動をしていればいい」と個人やコミュニティ重視考えても、個人やコミュニティがぶつかる場面で「公共」は重要なテーマとして浮かび上がってきます。
 
「地域・社会を良くしたい」と考えた時、「公共とは何か?」は避けて通れないテーマです。
「パブリック」「公共」という言葉を改めて考え、話し合う機会に、ぜひご参加ください。
 
【日時】2015年11月27日(金)19:00~22:00 (18:45開場)
【定員】12名
【参加費】2,500円(ワンドリンク・軽食付)
【プログラム】
19:00~20:30 導入トーク「パブリックって何だ?~わくわくする私たちをめぐる論点」
       (エンパブリック代表 広石拓司)
20:30~22:00 縁PUB 交流会
 
【参加申し込み】http://nez-studio.jp/?p=7758

【2015/11/2から】あらかわヘルシータウンクリエイティ部 ~地域づくりと予防・健康づくりが一つになった街にしよう!

nezu_arakawahealthy

荒川区町屋で、専門家と地域住民が「健康な街」を具体的に語り合い、アクションを起こすプログラムが始まります!

これまでの地域医療、在宅医療・介護は、地域で提供する医療、在宅の方への医療・介護の提供を意味しており、あくまでも「専門職によるサービス提供」がベースでした。しかし、これからの医療・介護を考えた時、専門家中心のモデルの限界がきています。

生活習慣病の予防や早期発見には、医療者が多様なライフスタイル、ワークスタイルを理解している必要があります
シングルマザー世帯の健康を守るにも、認知症を早期発見するにも、診察室や病院の中で待っていても、効果的な取り組みはできません。

国も、地域包括ケアの実現に向けて、今年度から、介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)をスタートしました。この制度が画期的(ゆえに、地域ケアの現場で難しい)なのは、「地域づくり、専門職以外の住民参画が鍵」としていることです。
地域の人たちが適切に医療・介護をつかい、予防やセルフケアを進めるには、専門職からの視点だけでなく、地域とのパートナーシップ、地域活動の担い手との連携が不可欠になってきます。
しかし、特に都心部では、専門職と地域の人のつながりも弱く、そもそも、どのように出会い、どう共通のゴールやアクションの役割分担をしていけばいいか、そこから難しいのが実情です。

ヘルスケアの専門家と、地域づくりの担い手・地域住民は、どのように連携していけるのか?
そして、誰もが健康に暮らせる街(ヘルシータウン)を生み出すために、どのようなアクションとプラットフォームが必要なのか? それを、医療・介護の専門職と地域の人たちが共に集い、荒川区町屋地区という具体的な地域を舞台に、共に効果的な手法を生み出していこう。
そんな思いから、「あらかわヘルシータウンクリエイティ部」がスタートします!

 

第1シーズンは、そもそも、今、「地域」はどうなっていているのか? 健康な暮らしへのニーズをどう把握し、どのように専門家と住民がテーブルにつき、話し会えるのか? そこから始めます!

ゼミでは、各回、1・理論、2・医療者の視点、3・地域の視点 の3つの発表をもとに、多様な立場の人が混ざって、地域と健康について語り合います。
「理論」は、看護と地域の連携のモデルとして知られる「Community as Partner(第7版)」から、日本での実践に役立つヒントを紹介します。
「医療者の視点」は、医師、薬剤師、看護師など多様な職種が「地域」を、どう見ていて、何がわからないのか、共有していきます。
「地域の視点」は、荒川区の地域活動の担い手、患者、住民など多様な立場から、今、何が起き、どのような不安やニーズを抱えているのか、共有していきます。

そこで出た問題意識からゼミ時間外に、参加者で地域インタビュー、まちあるき・地域診断、ワークショップなどのアクションを実際に取り組み、そこで得た知見を、ゼミに活かす方式で進めていきます。

都心部における地域と医療・介護の効果的な連携に、まだ「正解」はありません。だからこそ、共に考え、つくっていく。 最先端を拓くのが、このゼミです!

【第1シーズン 11月2日(月)スタート! 全6回】
隔週月曜日19:00~21:30 (最終日は祝日13:00~17:30)
1)11/2  健康な街って何だろう?
2)11/16 認知症カフェを始めるには?
3)11/30 地域包括ケアのわからないこと、洗い出そう
4)12/7 医者が見えていること・いないこと
5)12/21 障がい者の地域参加はどうやったらできる?
6)1/11(祝) 東京防災を読んで語ろう/子どもの成人病予防

■会 場:
第1, 2, 3,回 町屋ふれあい館(町屋一丁目35番8号)
第4, 5回 荒川山吹ふれあい館(荒川七丁目6番8号)
第6回 町屋ふれあい館(町屋一丁目35番8号)

■参加費:10,000円(全6回セット:教材費・茶菓・時間外活動費用込み・)
・荒川区住民割引あります! 詳しくはお問合せください。
・1回参加(空席がある場合のみ) 2,000円 (第6回は3000円)

■詳細:Facebookイベントページ 

エンパブリックの考える健康な街

エンパブリックの考える「健康な街」とは、ただ単に病気がない状況を指してはいません。
心身の健康を保つには、孤立せず、社会参加できていること、健康な食、教育、働き方、ライフスタイルまで幅広いことが必要です。良い生き方があって初めて、健康が実現できると言っていいでしょう。

このような考え方を体現していると考え、エンパブリックが学んでいる世界の事例を2つ紹介します。この2つの取り組みは、ゼミでも紹介します。

一つは、英国のヘルスセンター「ブロムリ・バイ・ボウ・センター」です。英国ロンドンの貧しい地域で、健康・生活支援・住宅・仕事・起業・教育・食まで幅広いサービスを、住民が自ら起こし運営する900のプロジェクトとして実施ています。 (情報誌「地産知縁」第3号で詳細を紹介しています)

もう一つがカナダのバンクーバー市のA Healthy City for all です。健康を地域づくりの軸として、複合的に地域を挙げて取り組む野心的な取り組みです。下記の動画(英語なのですが)をみて、健康と地域についてのイメージを膨らませてみてください!

雑談から始まるファシリと場づくり (ファシリテーションの基礎)

【2015/10/14】体験&縁パブ 「リフレクション」の可能性を体感しよう!

カードを使ってリフレクションを体験し、
リフレクションを使った場作りの可能性を考えませんか?
 
いま、企業・地域活動・教育などの分野でリフレクションの重要性が見直されています。
リフレクションは、振り返り、内省、省察・・などと訳され、チーム学習から個人の経験学習まで支援します。
例えば、チームメンバーでリフレクション(振り返り)をすると、お互いの想いを共有することができますし、業務フローの改善点を見つけることもできます。
 
今回の縁パブでは、最近キーワードになりつつあるリフレクションを、リフレクション研究家であるマナビクリエイト代表の中島さんから学び、ワークショップを体験してみます。専用のリフレクションカードを使ったワークショップは、実際に企業などでも実施されています。
 
正解がない時代でも、自分の組織や自分自身がどんな方向に向かっているのか、
「今起きていることを見つめること」
定期的にリフレクションをして、
「その結果を持って次の道を選んでいくこと」
その後、「リフレクション」を自分たちの場づくりや組織づくりにどう生かせるのか、リフレクションは未来に対してどのような可能性を持っているのか、ということを対話したいと思います。
 
リフレクションに関心を持っている方、チームや場づくりに参考になる手法を探している方、ぜひリフレクションの可能性を一緒に探ってみませんか。
秋のひと時を、リフレクションしながら、ゆっくりと自分と向き合ってみましょう。
reflection
 
【日時】2015年10月14日(水)19:30~22:00
 
【ナビゲーター】
中島久樹さん(マナビクリエイト代表、フライデーリフレクション主催)
 
【ファシリテーター】矢部純代(エンパブリック)
 
【定員】8名
 
【参加費】2,000円
 
【会場】 根津スタジオ
 
【プログラム】
1.ナビゲータートーク 中島久樹さん 「リフレクションとは?」「リフレクションの実践事例」
2.ワークショップ 「リフレクションカードを使って体験してみる」
3.対話 縁パブ「リフレクションを自分たちの場でどう活かすか?」
*カードをその場で購入することもできます!
*マナビクリエイトやリフレクションの詳細はこちらをご覧ください。http://manacre.com/
 

【2015/08/29】縁パブ「起業がどんどん生まれるコミュニティとは?」

情報誌「地産知縁」第3号刊行記念! 
起業がどんどん運まれるコミュニティを(本当に)実現するには、何が必要なのか、共に考えましょう!
 
近年、企業でも、国・地域でも、イノベーションの大切さが指摘されています。
 
しかし、「イノベーションが必要だ」という議論が盛り上がっても、「じゃあ、誰がやるの?」という話で止まったり、せっかく動き始める人がいても周囲が反応しないで止まったりすることも少なくありません。
いくら必要性や可能性を話し合っても、「新しい事業の担い手」がいなければ、その人たちを活かす組織がなければ、実行はできません。
 
既存の枠組みに縛られない、新しい考え方や動き方が必要であり、そこには失敗のリスクも少なくありません。リスクを負って挑み、失敗してもそこから学び、諦めずに試行錯誤を続けていける担い手が現れ、活躍できるコミュニティをつくるには、何が必要なのでしょうか?
 
情報誌「地産知縁」第3号では、起業を企業で、地域で、なぜ増やさないといけないのか? どうすれば起業の種を増やし、芽を出し、成長できる環境をつくれるのか? イギリスの社会的企業「ブロムリ・バイ・ボウ・センター」、鶴岡ナリワイプロジェクト、リクルート社Recruit Ventures、文京ソーシャルイノベーションの事例から考えています。
 
その第3号の内容の解説を踏まえ、起業がどんどん生まれるコミュニティをつくるには、何が大切か、共に考えましょう!
 
chisanchien3
 
【日時】2015年8月29日(土)10:00~13:00
 
【ファシリテーター】広石拓司
 
【定員】8名
 
【参加費】2,000円 (特典:情報誌「地産知縁」第3号)
 
【会場】 根津スタジオ
 
【プログラム】
1.ナビゲータートーク 「新事業が生まれる組織・地域とは? ~情報誌「地産知縁」第3号より
2.対話 縁パブ「新事業がどんどん生まれる組織とは?」
3.解説 「縁パブとは〜自分のための対話の場のつくりかた」
 
◆オープニングクエスチョン「あなたが、新しいことを始めた時、きっかけとなったことは?」
この問いからお互いの考えの共通項と違いを発見し、新しい問いを生み出しながら、対話を展開していきます!
 
■縁パブとは?
 
「他の人はどんな風に考えているんだろう?」と思ったら「縁パブ」を!
日常生活でのふとした疑問から生まれたテーマについて、様々な背景をもつ人たちと意見交換を楽しむ対話のプログラムです。初対面同士でもフラットな関係をつくりながら、短時間で深い対話ができます。地域での対話の場をひらく際の、プログラムの参考にぜひ体験してみてください。
 

【2015/08/27】縁パブ「共に食べる場って、どうして楽しいの?」

場づくりというと、難しそうだけど、一緒に食べる場って、始めやすそう。でも、いざ、やるとなると、ハードルもあったりします。
共に食べる場って、どうして楽しいのだろう? その場を始めるには、どうしたらいいのだろう?
共に考えましょう!
 
人と人とのコミュニケーションが生まれ、知らなかった人同士が知り合ったり、地域の人たちのつながりをうみだすために、「一緒に食べる」「一緒に料理をつくる」など食を通じたコミュニティづくりイベントに注目が集まっています。
 
このような食による場づくりは、従来からの「飲み会」と何が違うのでしょうか?
食べることのある場を運営するには、始めるには、何がポイントなのでしょうか?
 
今回の縁パブでは、食を通じたコミュニティづくりイベントの可能性について、対話を深めていきます。
 
IMG_2446-300x225
 
食を通じたコミュニティづくりイベントの代表例は、「隣人祭り」です。これは、パリで生まれた食事会のスタイルで、近所に住む隣人どうしが一品、食事を持ち寄るパーティーです。また、東京都杉並区で始まった「おたがいさま食堂」では、キッチンスペースに集合して、地元商店街の食材を買ってきて、みんなで料理をつくったり、食べたりします。また、各地で広がっている「共奏キッチン」は、隣り合って料理を一緒につくる距離感で、お互いの話を聞き合う取り組みです。
「隣人祭り」「おたがいさま食堂」「共奏キッチン」などの食のイベントは、対話のイベントやワークショップなどよりもハードルが低く、従来の飲み会、レストラン、料理教室などよりも人と人とが知り合いやすいとも言われています。
 
こうした食を通じた場をつくるポイントはどこにあるのか。
食を通じたコミュニティづくりやコミュニティカフェに関心ある方、実際に食の場づくりをされている方、共に考えませんか?
 
◆オープニングクエスチョン「どうして一緒に食べると人と人は近づけるのだろう?」
 
【日時】2015年8月27日(木)19:30~22:00
【ファシリテーター】松井健二
【定員】8名
【参加費】2,000円
【会場】 根津スタジオ
 
【プログラム】
1.対話 縁パブ「共に食べる場って、どうして楽しいの?」
2.解説 「縁パブとは〜自分のための対話の場のつくりかた」
 
■縁パブとは?
 
「他の人はどんな風に考えているんだろう?」と思ったら「縁パブ」を!
日常生活でのふとした疑問から生まれたテーマについて、様々な背景をもつ人たちと意見交換を楽しむ対話のプログラムです。初対面同士でもフラットな関係をつくりながら、短時間で深い対話ができます。地域での対話の場をひらく際の、プログラムの参考にぜひ体験してみてください。
 

【2015/08/25】サークル・勉強会の立ち上げ方&継続・発展の方法

ボランティア活動、NPO、サークル、地域活動など、コミュニティの力を大切にする活動を行うには、何が大切か、学びましょう!
 
地域活動やサークル活動、プロジェクトを運営していると、様々な課題にぶつかります。「新しい参加者を、どう増やせばいいか」「忙しい人を参加率を高めるには?」「役割分担をするには何が大切か?」・・・・。
 
「活動を始めたいが、仲間がいない・少ない」
「活動は続いているが、新しい参加者が集まりにくい」
「リーダーや特定の人にばかりに負担がかかっていて、疲れる」
「メンバーが忙しくて、なかなか集まってくれない」
「古くからいる人と、新しい人の間で意見が合わず対立している」
 
これは、多くのコミュニティ活動に共通の課題です。
なんとかしたいと思っても、「何から始めたらいいのかな?」「うまくいくかな?」と思うことも多いでしょう。
しかし、メンバーが「関わりたい」という気持ちで自主的に集まる活動の運営や継続には、コツがあります。
 
・仲間の集め方
・継続力のある運営手法
・メンバーの役割分担
・ファシリテーター型リーダーシップ
 
について、エンパブリック特製「場づくり応援キット」で現状と課題を整理しながら、参加者同士のディスカッションを通して、次の一歩をどう出すかについて、一緒に考えていきます。きっとあなたらしいコミュニティ活動のコツが見つかりますよ!
 
全国で3,000の活動の立ち上げをサポートしてきた実績を持つempublicのスタッフが、参加者一人ひとりに合わせて進めますので、
 
やりたいことが決まっているけど第一歩を踏み出すのを迷っている方
立ち上げてみた、または先代から引き継いでみたけれど、うまくいかず悩んでいる方
テーマがまだ明確ではないけど、立ち上げを考えている方
どなたでも歓迎です!
 
【ナビゲーター】松井健二(empublic)
【定員】 10名
【価格】 3,000円
(場づくりキットと根津スイーツと飲み物つき)
 
【参加者の声】
 
・自分の経験や漠然としたイメージを分析できたことで、会をやりたい理由を人に伝えることができそうです。
また、違う世代・立場の方の意見を聞けたことが勉強になりました。
(20代、男性)
 
・なぜ、あなたに来て欲しいのか?ということを伝える重要さやここにいることで得られるメリットを伝えることの重要さに気づきました。
(20代、男性)
 
・勉強会を活性化するためには「テーマ」のほかに「人」を明確にする必要があること、また初心者や参加者の不安と取り除く仕組みが必要であることに気づいた。
(会社員・女性)
 
・やりたいことを漠然と思い描いてるぐらいの段階でしたが、実際にやってみたくなりました。また、どこかでめんどくさいという気持ちがあったことにも気づきました(笑)よい刺激が与え合えるような繋がりを増やすためにがんばります。
(自営業・男性)
 

【2015/07/28】縁パブ「これからの地域に役立つ公共施設とは?」

empub_150728b-300x191
 
図書館、美術館、公民館、地域センターなどの公共施設に地域から期待される役割が変化しています。
いったい、これからの時代、地域住民にとって、地域づくりにとって本当に役に立つ公共施設とは、どのようなものなのか、共に考えましょう。
 
近年、公共施設が新しい動きを始めています。
図書館でビブリオ・バトル(書評合戦)やコミュニケーション・ワークショップなどを開催したり、東京都美術館で市民が美術館を舞台に企画をつくる「とびらプロジェクト」が始まったり、図書館や市民活動センターなど複数の機能が一体となった「武蔵野プレイス」が登場したり、静的な公共施設のイメージを打ち破る、新しさや動きを感じる活動が、全国あちらこちらで始まってきています。
 
これらの動きは、参加型まちづくりや市民主体の活動が重視される中で、地域住民が求めている場の変化、公共施設に期待する機能が変化してきていたためだと考えられます。ただし、新しい活動や施設が増える一方で、財政の厳しい中、公共施設を運営する費用は、どうあるべきなのか。本当に市民に役立つ機能を果たしているのか、といった意見もあります。
 
果たして、これからの社会において、公共施設に求められることは何なのでしょうか?
そして、本当に地域に役立つ公共施とは、どのような施設なのでしょうか? 対話を通して、共に考えましょう!
 
ナビゲーターの小林勇樹さんは、墨田区の「みどりコミュニティセンター」(http://www.midori-cc.jp/)の指定管理者の社員として、施設で行う講座やイベントの企画・実施を担当しています。施設が地域の人にとって「使える場」となるために、新しい企画屋地域活動団体との連携などの工夫も進めています。
その仕事の中で日々考えているのが、「地域に役立つ公共施設のありかたって何だろう?」ということです。
 
住民や社会のニーズが変化し、公共施設にも新しい動きが出ている中、「良い地域センターとは?」「地域センターの企画が担うべきことは?」から始まり、これからの社会で地域も、住民も、施設運営者も、行政も、誰もが幸せになる公共施設とは何か?という考えにいたっています。
 
良い公共施設って何?と、そもそもに立ち返って、改めて一緒に考えてみませんか?
 
公共施設の指定管理関係の方はもちろん、生涯学習やスポーツ、文化振興の担当の職員の方、施設登録団体やサークルの代表として施設をよく利用している方などが集まって、公共施設のこれからのありかたを一緒に考えたいと思います!
 
【日時】2015年7月28日(火)19:30~22:00
【ファシリテーター】広石拓司
【ナビゲーター】小林勇樹さん(アズビル株式会社 みどりコミュニティセンター自主事業責任者)
【定員】8名
【参加費】2,000円
【会場】 根津スタジオ
 
【プログラム】
1.ナビゲータートーク 小林勇樹さん
2.対話 縁パブ「地域に役立つ公共施設とは?」
3.解説 「縁パブとは〜自分のための対話の場のつくりかた」
 
◆オープニングクエスチョン「住民・利用者として良かった公共施設って?それは、なぜ?」
この問いからお互いの考えの共通項と違いを発見し、新しい問いを生み出しながら、対話を展開していきます!
 
■縁パブとは?
 
「他の人はどんな風に考えているんだろう?」と思ったら「縁パブ」を!
日常生活でのふとした疑問から生まれたテーマについて、様々な背景をもつ人たちと意見交換を楽しむ対話のプログラムです。初対面同士でもフラットな関係をつくりながら、短時間で深い対話ができます。地域での対話の場をひらく際の、プログラムの参考にぜひ体験してみてください。