社会問題・組織課題の解決の発想と手法を2025年版にシフトしよう!

社会、ビジネスでますます増えている「複雑な、正解のない問題」を解決するために、「問題とは?」「課題解決とは?」「協働するとは?」の再定義から始めませんか?

社会や組織で起きている問題で解決が難しい問題の多くは、多様な要素が関係し、影響しあうことから生じています。

そのような複雑な問題は、論理的な分析で課題と原因を明確にし、それを取り除くという既存の問題解決方法でアプローチしても解決は難しいでしょう。

複雑な問題は、個々の要素の積み上げではなく、要素間の相互作用を踏めた系(システム)全体の問題への対応力(結合的ケイパビリティ)を高めるような取り組みが必要になります。その実現のカギは、多様な主体が力を持ち寄る「コレクティブ」な関係を構築できるかにあります。ただし、その解決法を実践するには、「問題」「解決」の考え方を転換し、さらに「自分のあり方(be)」「他者との関係」を転換していく必要があります。

このプログラムでは、社会や組織に起きている複雑な問題を解決していくために、どのような考え方の転換が必要なのか、そして、解決法を実践するために、どのような協力関係(協働、パートナーシップ)を進める必要があるのかを、講座と対話を通して考えます。そして、自分の扱う問題の解決法を、どのようにバージョンアップすればいいか具体的な改善法を見出していきます。

自分の問題解決法を、21世紀型にシフトしてみませんか?

*書籍「ソーシャルプロジェクトを成功に導く12ステップ」を利用します。

プログラム

・複雑な社会問題に取り組むために、どのような発想の展開を関係者と共有する必要があるのか?
・多様な主体が主体的にパートナーシップの進め方
・現場での課題克服の方法

実施日

2019/11/23 (土)10:00 – 12:30

ナビゲーター:広石拓司(エンパブリック代表)

参加費

一般(¥6,000)・ゼミ「問いかけ力を磨こう」、サステナビリティ・ゼミ 過去参加者(¥4,000)

参加お申込み

ばづくーるスクールでは、オンラインチケットサービス「Peatix」を利用しています。
ゼミ・講座への参加を希望される方は、下記ボタンをクリックし、リンク先のPeatixページにてお申込みと事前決済をお願い致します。