育休後カフェ®とは

育休後カフェ®とは

育休後コンサルタントの山口理栄さんが提唱している育休後の働き方をリラックスしながら考えるための場です。 仕事をしながら子育てしている(したい)方たちに、自分とじっくり向き合うための空間と時間をともに共有し、仕事も育児もあきらめずに、活き活きとできるようにします。

これまでの参加した方からの声

  • 自分の気持ちを話すだけで整理がつくことがあると実感した
  • 働きやすい環境は自分自身で作っていくことに気づいた
  • これからワーキングマザー・ファザーをやっていく勇気をもらえた
  •  一人だと難しく考えてしまうことが多いが、話をすることでポジティブになれた
  •  自分がどうしたいのかという気持ちをしっかりと持ち続けることが大切なのだと思った
  •  両立についてパートナーともう一度話したいと思った
  •  誰かを応援すると自分もがんばろうと思える

育休後コンサルタントHPは、こちら
山口さんのブログはこちら

【育休後コンサルタント
山口さんからのメッセージ】

育休後カフェは、育児をしながら働く人が、子どものことやキャリアのことを自由に話せる場です。パパの育休取得も増えてきて、いよいよ両立の形が多様化してきました。いくつもの選択が可能になったいまだからこそ、ちがう価値観をもった人とでも本音をぶつけ合える、安心・安全な場づくりが必要です。そういった場を作るには、ジェンダーや働き方の基本的な知識と、ファシリテーションの実践経験が必要と考えました。同じ目的を持つ仲間といっしょに、場づくりについて学んでいきましょう。

自身も仕事と子育ての両立に取り組むスタッフ迫田が、山口さんへインタビューをしました!

ダイジェスト版

フル・バージョン

育休後カフェを開催してみませんか?

[育休後カフェ®・ファシリテーター講]
育休後コンサルタントして活躍している山口理栄さんが取り組んできた育休後カフェの実績・経験知、エンパブリックのワークショップ開発、場づくりの担い手育成のノウハウを組み合わせ、修了後、職場や地域での対話のワークショップの主宰者として活躍できることを目指す講座を開催しています。

これまで70名以上の育休後カフェ・ファシリテーターを輩出し、企業や地域で対話のワークショップを開催しています。

第10期を現在募集しています。詳細はこちらから

<本講座で学ぶこと>
  • 地域や職場で、育休・復職後の働き方・キャリアについて、勉強会やワークショップなどを開催するためのファシリテーションやワークショップ設計、企画、運営の方法を学びます。さらに、オンラインならではの対話の場づくりのポイントも学びます。
  • 対話の場に自分が参加者として参加する体験、ワークショップ試行、地域・職場での実践と、実際にワークショップを実施することを通して、実行できる実力を身につけます。
  • 育休後カフェの経験を踏まえた、課題や対話のニーズの理解を深めます
  • エンパブリックの取り組んできた地域や職場でのワークショップの企画・運営ノウハウを習得できます。
    *「エンパブリックスタジオ」のオンデマンド教材等を活用し学びを深めることができます。

こんな方におすすめ!

  • 自分の地域や職場で、または、オンラインで育児と仕事の両立を応援するような対話を行いたい
  • 周りの助けを借り、子育てしながらの働き方を考える場をつくりたい
  • 自分の経験を活かして後輩のために、育休後の働き方や子育てについて話し合える場をつくりたい
  • 職場に、育休を取得した(したい)女性・男性をサポートする仕組みをつくりたい
  • 時短勤務や育休取得、副業など、多様な働き方を必要とする社員を活かした組織づくりを考えたい
  • 地域や職場での、ワークショップ企画・運営の具体的な方法やファシリテーションの仕方を学びたい