リケジョのための

SDGs使いこなし入門 ~自分の仕事の社会にとっての意味を考えよう

国連の「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals;SDGs)」は、2030年をゴールに「誰一人取り残されることのない世界」を実現しようというものです。SDGsは、環境や社会だけでなく、経済も組み込まれた統合的に目標であり、先進国も途上国も、すべてのセクターが参加する普遍的な目標です。

そのため、政府やNGOだけでなく企業の役割も大きいと感がられており、単に社会貢献のためでなく、ビジネス全体をSDGsに結び付けて考えていこうという動きも始まっています。SDGsは2020年代のライフスタイル、ビジネスの価値観の前提になっていくと考えられています。

これまで、企業や研究機関にとって、「仕事を通して社会課題を解決する」とは、ソーシャルビジネスや社会貢献の担当か、長期的な貢献を見据えた研究といった分野が多かったのですが、SDGsの動きが本格化する2020年代には、これから多くの部門が、自分の仕事と社会課題解決を結びつけて考えることになると考えられます。

特に、SDGsの実現には新しいテクノロジーが必要と考えられており、研究者や技術者の役割は大きいと考えられています。それは、研究者や技術者にとっては自分の取り組んでいるテーマの意義や可能性を社会の幅広い人たちとコミュニケーションしていくチャンスが広がることにもつながります。

このワークショップでは、研究や技術を始めとする理系女性にとって、SDGsとはどんな意味があるのか、SDGsを使いこなすことによって、どのように仕事を充実していける可能性があるのかを考えます。自分の取り組みをどう社会課題解決に役立てることができるか考えたいビジネスパーソンにも、これから自分の研究をどのように仕事にしていけるか考えたい大学生や院生にもお勧めです。

2020年代の仕事を、一緒に考えましょう!

SDGsとは?
イントロダクション動画(国連広報センター)

プログラム

  1.  SDGs入門
  2.  これからのビジネスにどのような影響があるだろうか?
  3.  自分の仕事とSDGsの結びつきを考えよう
  4.  自分の仕事と社会の共有価値を考え、社会貢献ステートメントをつくろう
  5.  2020年代に、自分の仕事の可能性をどう広げるか、話し合おう

こんな方におすすめ!

  • 自分の研究テーマ、開発の仕事が、どのように社会に役立てるのか考えたい人
  • SDGsについて知り、自分の会社で何ができるか考えたい人
  • 目の前に追われるだけでなく、これからの自分の仕事の進むべき方向性を考えたい人
  • 5年後、10年後、変化する環境の中で、大切にしていくことを考えたい人

ファシリテーター:矢部純代(Rikejo事務局、エンパブリック)

実施日・会場

.

2017年8月5日(土)14:00~16:00

エンパブリック根津スタジオ(千代田線根津駅)

参加費

参加費 3,500円(税込) 
※茶華付き

参加お申込み

ばづくーるスクールでは、オンラインチケットサービス「Peatix」を利用しています。
ゼミ・講座への参加を希望される方は、下記ボタンをクリックし、リンク先のPeatixページにてお申込みと事前決済をお願い致します。