株式会社エンパブリック ハバタク株式会社

共に創る関係性の紡ぎかた

「多様な考えの個人が、チーム共通の目標に向かって、力を出しあって動く」


そのような“共に創る”協力関係は、職場でも地域でも強く求められています。しかし、実行するのは、なかなか難しいものです。

 「会社や組織の方針への批判はするが、自分の意見を言わない」
 「自分の利益や成長ばかり考え、チームとしてまとまらない」
 「言っても理解してもらえないという雰囲気が漂っている」
 「調整ばかりやっている感じがする・・・」

このようなチームづくりの難しさは、どこに原因があるのでしょうか?どうすれば乗り越えることができるのでしょうか?


本講座では、バラバラの個人がチームとして一つのモノを作っていくステップをレゴを使ったワークショップで実際に体験した上で、
体験をふりかえりながら、効果的なチームづくりのステップとして、自分自身の現場のどこに課題があるのかを明確にし、
課題を乗り越えるファシリテーションのポイントを探していきます。

職場や地域での関係性づくりやチームづくりに取り組んでいる方、これから始める方、つながりのスキルを職場や地域に広げたい方に、現場で使える実践の知恵を学ぶ機会として、ぜひご活用ください!


■ワークショップ手法「レゴ・シリアス・プレイ メソッド」とは?
レゴ・シリアス・プレイ(LEGO(R) SERIOUS PLAY(R) Method:LSP)は、レゴ社の主任開発者だったロバート・ラスムセン氏らが開発したプログラムで、思考・コミュニケーション・問題解決のための方法論です。レゴを作りながら成果志向のコミュニケーションを体感する仕掛けが含まれています。

<前回参加者の声から>
「チームビルディング、組織作りの大前提についての知識を得られたことは、自身の業務にも大きくプラスになると考えます」

「『持ち寄り型の共同制作』で、コンセプトが自分と真逆と思っていた人とも、共同で何かしら生み出せることが分かった」

「チームづくりと言っても漠然としていて何からすれば・・・と分からないことばかりでしたが、今回LSPとそれを分析して説明していただき、少しずつ自分の中でもイメージが出来てきました」

lego画像 1)導入講座 :“共に創る”協力関係に必要なこと

2)プログラム体験 : レゴ・シリアス・プレイ〜理想のチームを考える〜

3)ワークショップ : チームづくりファシリテーションの技術とは?


[ファシリテーター]
・広石 拓司(株式会社エンパブリック代表取締役)
・丑田 俊輔(ハバタク株式会社代表取締役)
・長井 悠 (ハバタク株式会社取締役)


【日 時】2011年7月22日(金)18:30〜

【会 場】モバフ新宿アイランド(新宿アイランドタワー20F)
     http://www.moboff.co.jp/shinjuku/#location
     (東京メトロ丸ノ内線『西新宿駅』徒歩30秒、JR線『新宿駅』徒歩約8分)

【参加費】5,000円(ドリンク付)

【定 員】30名
     *定員に達し次第、終了となります。ご了承ください。

【お申込】下記、専用フォームよりお申込みください。
     申込みはこちらから

株式会社エンパブリックhttp://empublic.jp/

2008年5月に「市民社会のバリューチェーンのプロデュース」を掲げて設立。個人・企業・組織・地域のパフォーマンスを最大化する「場づくり」の技術を研究開発し、ノウハウやスキルとしてまとめ、多くの人が自分の現場で自ら実践していけるようサポートするサービスと商品を提供。


ハバタク株式会社http://www.habataku.co.jp/

「世界にハバタク冒険者を増やす」をスローガンに、「探究と共創」をキーワードにしたワークショップ提供や仕組みづくりを通じて、企業や教育機関の問題解決を支援する「和僑育成カンパニー」。共創のためのフレームワークとしてLEGO(R) SERIOUS PLAY(R) Methodの公認資格を保有。

【お問合せ】
 株式会社エンパブリック(担当:長谷川) Tel:03-6303-3195 / Mail:info@empublic.jp