開催レポート 4/4(月)講座「自分のトリセツをつくろう」

連続講座「自分のミッションを探求しよう 〜4つの対話でひも解く自分の役割」、4月平日夜コースがスタート!

初回は、複数の質問と参加者同士の対話を通じて「チームで働くとき、ほかのメンバーに渡したい自分のトリセツ(取扱説明書)」をつくろう!という回でした。

IMG_7839

IMG_8892
==========

今回、特に盛り上がった質問は・・・

Q. 私の良さが活かされるために、自分にとって不可欠な仕事仲間はどんな人?

・自分はNo.2のポジションで支えるのが好きだから、ガンガン進めてくれるトップの人がいると良い。
・創意工夫して仕事を進めるのは得意だけれど、細かい作業が苦手だから、フォローしてもらえるとありがたい。
・自分の考えをひたすら聴いてくれて、いいね!と共感してくれる人がほしい。

などなど。皆さんなら、ご自身のことを何と答えるでしょうか?

3時間近くたっぷり対話を楽しんだ参加者の方々からは、
「お互いのことを知れる面白いワークなので、ゲームとしてやっても面白いかも」

「自分が言語化できていないところを皆さんにしてもらえた感じがして、スッキリ!」

「ほかの人の発言に共感することが多く、自分のことをもっと深掘りしていきたいと思いました」

「自分のことはそんなにおしゃべりだと思っていなかったけれど、意外と話すのが好きなんだと気付きました。こういう、本当の気持ちを伝えあう対話の場は、ありそうでないので楽しかったです」

「トリセツは、チームで働くうえであると便利そう!『こういう環境だとわたしは故障しやすい』など注意点があるのが良いなと思います」

といった感想をいただきました!

==========

▼連続講座「自分のミッションを探求しよう 〜4つの対話でひも解く自分の役割」、詳細はこちらから!
http://empublic.jp/my_mission

清瀬市立清瀬第二中学校の起業家教育プログラムの運営協力をさせていただきました。

平成27年度経済産業省「起業家教育普及促進事業」の一環として、清瀬市立清瀬第二中学校で行われた起業家教育「地域をリサーチ&経済活動を探る」(主担当:マイトイ)のプログラム運営に、エンパブリックスタッフの齋藤・絵内が講師として協力させていただきました。
 
清瀬二中3エンパブリック様

清瀬二中14エンパブリック様

「地域活性化」をテーマに、中学1年生の生徒さんたち自身がマーケティングリサーチや分析・企画会議を行い、最後はグループごとに清瀬のまちを活性化させるためのプロジェクトを発表しました。
 
生徒さんたちからは、
「自分たちが発表会の準備・司会などをやったことで、『自立』することが少し分かってきたような気がした」
「地域をどのようにして活性化さえようか、より深く考えるいい機会になった」
「大変なことはたくさんあったけれど、みんなが笑顔で行うことができたと思う」
などの感想がありました。
 
本プログラムで学んだことが、少しでも皆さんがいきいきと社会で活躍する自信につながることを願っています!

開催レポート 「自分のミッションを共感を呼ぶように伝えよう」(ミッション探究3月コース完結!)

全4回の連続講座「自分のミッションを探求しよう」の最終回、「自分のミッションを共感を呼ぶように伝えよう」を開催しました!

開催レポート 縁パブ「(平成生まれの)やる気スイッチはどこ?」

3月18日(金)、「(平成生まれの)やる気スイッチはどこ?」をテーマにした縁パブを開催しました!

さらに読む

開催レポート「これから出会う自分をビジュアル化!~困ったときに頼れる「自分のクレド」をつくろう」

全4回の連続講座「自分のミッションを探求しよう」の第3回目、「これから出会う自分をビジュアル化!~困ったときに頼れる「自分のクレド」をつくろう」を開催しました! さらに読む

開催レポート「インタビューを受けて、プロフィール記事を作ってもらおう」

全4回の連続講座「自分のミッションを探求しよう」の第2回目、「インタビューを受けて、プロフィール記事を作ってもらおう」を開催しました!

【参加者の声】
・これまでを振り返り、アウトプットすることで整理できることを実感しました。

・(ほかの人からインタビューを受けることで)時代の流れと自分の強みを組み合わせていたという思いがけない発見があり、これこそ潜在意識で自分にはアレンジ力があることを知りました。

など、他の人が客観的にまとめてくれた自分のヒストリーを聞くことで、これまでにしてきた選択・判断、大切にしていることを捉え直すことができる、と実感された方が多かったようです。

自分のミッションをさまざまなワークと対話を通じて掘り下げていく連続講座、気になる方はぜひ下記ページからチェックしてみてくださいね!

▼【残り1回!】3月・平日昼コース
http://peatix.com/event/149345
 
▼【残り1回!】3月・木曜夜コース
http://peatix.com/event/149335/

▼【全4回参加できます!】4月・月曜夜コース
http://peatix.com/event/155220/

Rikejo イベント スタッフ矢部がモデレーターをしました!

講談社Rikejoプロジェクトのイベント「ミライリケジョ♡ ~モノづくりカフェ~」が開催され、スタッフ矢部が、企画及び当日のモデレーターを担当しました!
モノづくりの人材、中でも女性人材の不足は産業界の悩み。特に機械・電子工学分野の人材不足は深刻。そこで、まずは、モノつくりの楽しさを女子中高生に知ってもらい興味を持ってもらうというのが今回の企画趣旨。
みんなのあったらいいなを実現するのが「モノづくり」と定義し企画を進め、メーカーで働くガチリケジョ、カワイイモノづくりを実践するゆるリケジョ、&女優の清水富美加さんをつなげるという難関(?!)トークセッションのモデレーター担当。事前のそれぞれのヒアリングを念入りにして、なんとかやりきりました!
参加した女子高校生の「モノづくりは意外と難しくない」「色々な道があることがわかった」「理系を目指す人が多く、自分も安心した」などの感想は企画者としてうれしい限りです。
一方で、女子中高生のキャリアについての視野を少しでも広げる場は、イベント限りでなく、もっと定常的に開催されるべきと改めて。

■開催日:2016年3月19日 @講談社
■主催:講談社Rikejoプロジェクト × 株式会社 荏原製作所
■対象:女子中高生
■イベント:『ミライリケジョ♡ ~モノづくりカフェ~』

レポートの詳細はこちらから
http://www.rikejo.jp/report/article/17694.html

開催レポート 縁パブ「あなたにとってのホームタウンとは? ~地域と自分のつながりを考えよう」

3月9日(水)、「あなたにとってのホームタウンとは? ~地域と自分のつながりを考えよう」をテーマにした縁パブを開催しました! さらに読む

開催レポート 講座「自分のトリセツをつくろう」

昨日、連続講座「自分のミッションを探求しよう 〜4つの対話でひも解く自分の役割」(平日夜コース)の初回、「自分のトリセツをつくろう」を開催しました。

自分自身の強みは、自分の頭の中で考えているだけではなかなかわからないもの。昨日の講座は、複数の質問と参加者同士の対話を通じて「チームで働くとき、ほかのメンバーに渡したい自分のトリセツ(取扱説明書)」をつくろう!という回でした。

==========

たとえばこんな質問。

Q. 今は、あなたの人生(キャリア)において何を得たい時?

Q. スポーツにたとえると、得意な仕事のポジションは?

Q. 自分にとって不可欠な仕事仲間とは?

Q. こんな環境だとわたしは故障しやすい・・・

などなど。皆さんなら、ご自身のことを何と答えるでしょうか?

mission0303

参加者からは、
「案外自分の得意なことや許せないことは一貫しているということがわかりました」

「質問されたりほかの人の話を聞いたりすると、結構答えられるものなんだなと気付きました」

「対話を通じて、わかっているようでわかっていない自分のことが少し理解できました」

といった感想をいただきました!

「自分では良くわかっていなかった自分の『取り扱い方』が、整理されて良かった」という参加者の方もいれば、
「意外と自分のことわかってるじゃん!と嬉しくなった」
という声もありました。

人に伝えようとするからこそ、自分の想いが整理されたりしますよね。
「人と話し合いながら、自分のミッションを探求していく」最初のステップとして、大きな収穫があったようでした。
 
また、「自分がニガテだなと思っていることを『欠点』として隠すのではなく、先に伝えてチームに受け入れてもらうための取り扱い説明書として書いたので、気が楽になった」とも。
 
自分の弱みを把握してこそ、「ここは貢献できます!」という強みが見えてきて、それが自分のミッションの理解につながります。最初のステップとして「トリセツ」という形で整理するの、オススメです!

==========

さて、同内容の講座「自分のトリセツをつくろう」は、下記日時にも開催予定ですので、気になる方はぜひチェックしてみてください♩

★3/15(火) 10:00-12:30
→申込み: http://peatix.com/event/149345

★4/4(月) 19:00-21:30
→3月中旬に申込み開始予定

練馬区「NPO組織の基盤強化講座第3回」をスタッフ松井が担当しました。

練馬区「NPO組織の基盤強化講座第3回」をスタッフ松井が担当しました。

■開催日:2016年2月14日
■主催:練馬区役所地域振興課
■イベント:NPO組織の基盤強化講座第3回
■テーマ:組織の改善力を高める
■対象:区内NPO、区内団体のリーダー、もしくはリーダーが推薦するスタッフ

今回は「組織の改善力を高める」と題した講座でした。失敗から学ぶ組織のつくり方についての講義の後、ワールドカフェで自組織の課題分析を行い、今後実行することをまとめました。

◆ワールドカフェで出た意見◆
・NPOは会社とは異なり、参加している人の動機が多様であるため、評価が難しいことを知った。だからこそ、予定・計画の共有を徹底する必要があると知った。
・一連のサイクル、Plan(計画)→Do(行動)→Check(評価)→Action(改善)のなかで、自分たちの団体は「計画」と「行動」ばかり繰り返して、「評価」と「改善」がうまくできていないと実感した。
・できない目標は数値にしたくない、できるなら曖昧なままにしてしまいたいという自分に気付くことができた。
・「雰囲気を悪くしたくない」と思い、失敗を指摘することができなかった。予定・計画をもとに評価する文化を取り入れ、仲良しムードで終わらせないようにしたい。

▼ワールドカフェの結果

IMG_1109

IMG_1110

IMG_1111

IMG_1108