開催レポート:私の仕事とSDGsの関係を考えよう!~私の仕事の価値再発見!

8/5 に「私の仕事とSDGsの関係を考えよう!~私の仕事の価値再発見! 」を開催しました。

開催レポート「自分のミッションを探求しよう~今・これまで・これからを結び、自分らしさを再発見する4つの対話」

書籍「ライフシフト」が注目されるなど、長寿時代に向けて、これまでの概念とは異なる新しい働き方が模索する人が増えてきています。エンパブリックでは、readiness for 2025の一環として、2025年に向けた自分のキ […]

開催レポート 「実践を通して学ぶ! 育休・復職後の働き方・キャリアを考える場のつくり方」

4/22と23の2日にわたり、育休後カフェ・ファシリテーター講座「実践を通して学ぶ! 育休・復職後の働き方・キャリアを考える場のつくり方」を開催しました。 本講座は、この2日間の講座と、その後のチームを組んでの実践及び9 […]

[レポート]WS「クリエイティブな問題解決をデザインする 」

7/IMG_168724(日)「クリエイティブな問題解決をデザインする ~ ソーシャル・グッドのために“アイデアの補助線”を使いこなそう!」を開催しました。社会問題解決への参画を「しなきゃだめだから」と促すのではなく、 「自分もしたい!」と思ってもらえるような取り組みのアイデアの作り方を、実践例を踏まえて学び、実際に考えてみるワークショップです。

子どもの支援、ま ちづくり、保育園、農村活性化、地域医療、新規事業企画など10名の参加者の活動テーマは多彩ですが、それぞれ自分の目の前の課題に、どう関心をもっても らい、参加してもらうのかという問題意識は共通しています。

ゲスト・ナビゲーターであるサイト「アイデアの補助線」主宰の鈴木雄飛さんの話は「アイデアとは何か?」から始まりました。 「挨拶をする」というだけな らアイデアではないかもしれませんが、「つながりたい人と関係をつくるために挨拶を工夫する」のはアイデアです。つまり、アイデアは「問題を解決するため に何を、どう工夫するのか」ということであり、良いアイデアは「問題」を、どう明確にするかから始まっていると紹介。「問 題」が起きている理由を、その場にいる人の感情にも焦点をあてて見直すと、再発見があります。新しい問題の切り口が新しいアイデアの必要条件だとすると、 十分条件は、世の中にあるヒントをたくさん集めること。「広告の仕事をしていると、新しいことを考えるには、何が新しくないかを知る必要があると教えられ る」と鈴木さん。彼の個人ファイルには3000を超える事例のストックがあります。これまでに既に行われたことを、たくさん知り、それをただパクるのでは なく、既にあるものに”新しさ”をどうプラスできるかがクリエイティブなんだと紹介してくれました。その時に、どう既にあるものを分析し、自分のものとす るか格闘の記録が「アイデアの補助線」なのもかもしれません。「このサイトをヒントに、一人ひとりが自分のアイデアの補助線をつくっていってもらえたら」 と鈴木さんは話していました。

デザイン思考の特徴は、商品やサービスの「機能」以上に、それらを使って行っていることの「動機」に焦点をあてることです。後半のワークショップでは、 「動機の変化」に焦点をあてたワークショップ・オリジナルの「アイデアづくりキャンバス」で、既存事例をトレースし、どう発想が生まれるか、追体験をした うえで、自分自身の課題のアイデアづくりを行いました。

参加者のみなさんは、日ごろ、多様な現場にいるからこそ、現場の人への深い洞察がありました。その課題認識を「動機の変化」に焦点を当てて、キャンバスを 埋め、最後に「新しい解決策のストーリーテリング」を発表しました。みなさん1時間という限られた時間なのに、洞察があるゆえに、新しいデザイン思考型の 解決方法が生まれていました!
現場で困っている人に寄り添う気持ちを大切にすることが、アイデアの源泉となる。そのことが、参加者のみなさんにとって、次の活動への新しいエネルギーになりそうなワークショップでした!
このプログラムも、改善し、継続的に行っていきたいと思います。

開催レポート 「自分のミッションを探求しよう!」

7/30・31の週末に、「自分のミッションを探求しよう」を開催しました!

さらに読む

開催レポート 6/17(金)縁パブ「日本の若者の自己効力感は低いの?」

6月17日(金)、「日本の若者の自己効力感は低いの?」をテーマにした縁パブを開催しました!
縁パブとは、立場、世代、専門が異なる人たち(5~10人)が集まり、お互いの意見から考えを深めていく対話の進め方です。

さらに読む

開催レポート 講座「協力・協働の推進力『ソーシャルラーニング』を学ぶ」

開催レポート 4/18(月)講座「これから出会う自分をビジュアル化!~困ったときに頼れる『自分のクレド』をつくろう」

全4回の連続講座「自分のミッションを探求しよう」の第3回目、「これから出会う自分をビジュアル化!~困ったときに頼れる『自分のクレド』をつくろう」を開催しました!

IMG_0769

■自分が、この一年で大変だったけれど学びを得たことは?

■10年後、自分の理想の姿は?

■今の自分の頭・心は何が占めている?

など、自分自身の過去・現在・未来について「絵」で表現し、なぜそのような絵を描いたのか、描ききれなかったことは何かを「対話」で補いながら、ビジョンや価値観をあぶりだしていくワーク。

毎回、出されるお題は共通でも、それに対して皆さんが描く絵が全く異なるんです!

抽象的なイメージを表現する人もいれば、具体的な情景を描く人もいたり・・・

自分自身を中心に入れて描く人もいれば、常に全体像を見せる人もいたり・・・

IMG_2981

参加者の方からは「いきなり言語化しようとすると、うまく表現できなかったり、逆に綺麗な言葉で取り繕うことができたりするけれど、絵に描いてみると微妙なニュアンスが出て、自分でも発見が多かったです!」という感想をいただきました。

4月のミッション探究講座、残るは最終回のみとなりました。

5月は土日集中講座を実施しますので、平日夜は都合がつかなかったという方もぜひご参加ください!

▼【5月土日集中コース】自分のミッションを探究しよう ~4つの対話でひも解く自分の役割
http://peatix.com/event/163856/

開催レポート 4/15(金)縁パブ「『市民運動』は、なぜ好かれないの?」

4月15日(金)、「『市民運動』は、なぜ好かれないの?」をテーマにした縁パブを開催しました!
縁パブとは、立場、世代、専門が異なる人たち(5~10人)が集まり、お互いの意見から考えを深めていく対話の進め方です。

さらに読む

開催レポート 4/4(月)講座「自分のトリセツをつくろう」

連続講座「自分のミッションを探求しよう 〜4つの対話でひも解く自分の役割」、4月平日夜コースがスタート!

初回は、複数の質問と参加者同士の対話を通じて「チームで働くとき、ほかのメンバーに渡したい自分のトリセツ(取扱説明書)」をつくろう!という回でした。

IMG_7839

IMG_8892
==========

今回、特に盛り上がった質問は・・・

Q. 私の良さが活かされるために、自分にとって不可欠な仕事仲間はどんな人?

・自分はNo.2のポジションで支えるのが好きだから、ガンガン進めてくれるトップの人がいると良い。
・創意工夫して仕事を進めるのは得意だけれど、細かい作業が苦手だから、フォローしてもらえるとありがたい。
・自分の考えをひたすら聴いてくれて、いいね!と共感してくれる人がほしい。

などなど。皆さんなら、ご自身のことを何と答えるでしょうか?

3時間近くたっぷり対話を楽しんだ参加者の方々からは、
「お互いのことを知れる面白いワークなので、ゲームとしてやっても面白いかも」

「自分が言語化できていないところを皆さんにしてもらえた感じがして、スッキリ!」

「ほかの人の発言に共感することが多く、自分のことをもっと深掘りしていきたいと思いました」

「自分のことはそんなにおしゃべりだと思っていなかったけれど、意外と話すのが好きなんだと気付きました。こういう、本当の気持ちを伝えあう対話の場は、ありそうでないので楽しかったです」

「トリセツは、チームで働くうえであると便利そう!『こういう環境だとわたしは故障しやすい』など注意点があるのが良いなと思います」

といった感想をいただきました!

==========

▼連続講座「自分のミッションを探求しよう 〜4つの対話でひも解く自分の役割」、詳細はこちらから!
http://empublic.jp/my_mission