選べる環境をつくる ~メルマガ根津の街から 171019

empublicメールマガジン「根津の街から」 (2017年10月19日発行)

つくばで行われたシンポジウムの農研機構のブースで、脳機能回復が期待されるフラワーアレンジエント用の吸水スポンジが展示されていました。農研機構は、野菜、花、果物等の研究をしているところですが、農業分野だけでない分野を超えたこうした研究があることに大変興味を持ちました。リハビリも、やはり楽しい方がいいですよね。(矢部)

―――――――――――――

<INDEX>

◆1◆ コラム「選べる環境をつくる」(広石)

◆2◆ ゼミ「複雑な問題に挑むためのダイナミック・パートナーシップ実践法」

◆3◆ ゼミ「問いかけ力を磨こう」~本質を探り、変化を生む場をつくるために

◆4◆ キャリアを考える対話シリーズ~自分らしい次の生き方・働き方をデザインしよう

◆5◆ 編集後記

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

◆1◆コラム「選べる環境をつくる」(広石)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

「5年ぶりにフランスに戻ってきた人に、変化を感じるのは?と聞くと、 オーガニックスーパーが増えたことと言ってました」
今回のフランス訪問でコーディネートをしてくれた竹上さんが話していました。

実際、町の中を歩くと、日本の感覚でいうと、ローソンが全てナチュラルローソンというくらいに、Naturaliaなどオーガニックスーパーのチェーン店を見かけます。
普通の店やレストランでも、Bio(オーガニック)や地産地消、フェアトレードの表示があります。それは食品だけでなく、生活用品全般に渡っています。

日本でも、生活クラブ生協などで有機食品などは広がっていますが、どこかマイナーな感じで、フランスは、Bioがマジョリティになっているなと思います。

イノベーションの理論では、新しい価値観や技術が広がるのは、最初、3%程度のイノベーターが使い始め、次に13%のアーリーアダプターが続きます。この合わせて16%のあたりに谷(キャズム)があると言われていて、それを超えたら、アーリーマジョリティ(34%)、レイトマジョリティ(34%)へと一般化するのです。

フランスで感じるのは、Bioはアーリーマジョリティに広がっていることです。
日本は早くから取り組んできましたが、キャズムの手前のように感じるのです。

竹上さんと、なぜオーガニックの店が多いのか?という話をしていて、
「チョコを買うにしても身体や環境にいいものを選びたいし、お店は選べるようにする必要がある」
という言葉で思い出したのが、今、欧米の企業のサステナビリティのシフトを見ていると、
「お客様の選択の機会をつくる」がメッセージの軸になっていることです。

米最大のスーパー、ウオルマートが商品陳列にサステナビリティ配慮の表示をする理由は
「影響力を意識し始めている消費者が、価格や情報収集で負荷を感じずに質の高い買い物ができるように」
と示しています。
またボルボが19年以降ガソリンのみの車を廃止し、25年までに気候変動に負荷をかけない生産を宣言したのは「お客様のニーズを追求した結果」と述べています。

「お客様が選べる環境をつくる」 のは、企業の大切な役割であり、顧客を大切にする姿勢でしょう。

ただ、日本の場合、なぜオーガニックやサステナビリティを前面に出さないのかというと、「お客様がそこまで求めていないから」という声をよく聞きます。

しかし、まだ15%くらいかもしれませんが、新しい価値観で選びたい人はいます。
「もっと手軽に選べるなら選びたい人」は潜在的にはかなり増えているように思います。

その人たちの「選ぶ権利」を大切に質の高い選択肢を提供する企業こそが信頼され、その声は広がっていくことが、新しい市場を生み出すことなのだと思います。

SDGsの時代は、このままでは持続可能でない世界において、質の高い新しい選択肢を提示し、次の市場を顧客と共につくっていけるかどうかの競争の時代です。

お客様の声とは? 顧客ニーズに応えるとは、どういうことか?
それが今、問われているのだと思います。

「多数派が正しい」「多くの人が変わらなくていいと言っているから、このままでいい」という論理は、リスクを避ける論理であり、停滞を招きいれやすくなります。

「自分が良いと思うものを選びたい」という声にきちんと耳を傾け、より質の高い選択ができる環境を整えることは、提供者の役割であり、責任です。そして、私たちも、今あるものから選ぶだけでなく、「選びたい」という意思を示すことが社会を良くしていくためには必要なことなのだと思います。

 

■2■ゼミ「複雑な問題に挑むためのダイナミック・パートナーシップ実践法」

=================

【内容】

企業文化の改革、イノベーションの実践、医療費の適正化、貧困問題、地域包括ケアなどなど、多くの人が問題と考え、取り組んでいるにも関わらず、状況が悪化するものが多くあります。
多様な要素が相互影響し合っている複雑な問題に対しては、これまでのロジカルな問題解決法(問題を論理的に分解・分析し、最も重要な原因を同定し、その原因に対応するというス末方)は、要素分解により、相互作用の影響が見えなくなるため、効果的ではありません。
複雑な問題は、要素間の相互作用を踏めた系(システム)全体の問題への対応力(結合的ケイパビリティ)を高めるような取り組みが必要になります。
複雑な問題に多様な主体が連携して取り組む問題解決の進め方をどう実践するか、共に考えませんか?

【日程】木曜昼集中コース 10月26日(木)10:00~16:30
祝日集中コース  11月23日(木・祝)10:00~16:30

【ナビゲーター】 広石拓司

【参加費】前後編セット 14,000円(税込、資料、茶華付)

*ゼミ「問いかけ力を磨こう」とのセット割引、過去のゼミ参加者割引があります。

【詳細・お申込み】http://empublic.jp/7589

 

■3■ ゼミ「問いかけ力を磨こう」~本質を探り、変化を生む場をつくるために

=================

10月23日(月)~の月曜夜コースはおかげさまで定員となりました。現在、11/11と12/16の土曜2日間集中コースを募集しています!

【日程】 11月11日(土)、12月16日(土)10:00~18:30 (各府3コマ×2日)

【ナビゲーター】 広石拓司

【参加費】 6回セット 30,000円(税込、資料、茶華付)

【詳細・お申込み】 http://empublic.jp/questioning

 

■4■ キャリアを考える対話シリーズ~自分らしい次の生き方・働き方をデザインしよう

=================

「LIFE SHIFT」という言葉を至るところで、目にするようになりました。働くという概念を徐々に、チェンジしていかなければならいのではないかと思います。
自分らしい働き方とはどういうことか、これからの時代のキャリアとは? 参加者の皆さんとの対話を通じて探り、次のアクションへとつなげます。

忘れていた自分の思いに気づいたという方も。

 

また、これらのキャリアについて、自分の内面からだけでなく、これからの社会の指針となる「SDGs」と照らし合わせて考えるワークショップも開催します!(理系ではない方も、参加できます)

ぜひ、ご参加ください。

 

〇自分らしい次の生き方・働き方をデザインしよう
~自分への理解を深め、自分の軸(ミッション)を探る4つの対話(11/12、26)

【日程】 11月12日(日)、11月26日(日)10:00~15:45 (各2コマ×2日)

【ナビゲーター】 矢部純代

【参加費】 4回セット 14,000円(税込、資料、茶華付)

【詳細・お申込み】 http://empublic.jp/7309

 

〇理系女性・男性のための私の仕事とSDGSの関係を考えよう!(11/19)

【日程】 11月19日(日)10:30~12:30

【ナビゲーター】 矢部純代

【参加費】  3,500円(税込、資料、茶華付)

【詳細・お申込み】 http://empublic.jp/7324

 

 

◆5◆ 編集後記

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

先日、主人と長女が大喧嘩。よく話を聞いてみると、主人が良かれとおもってアドバイスしていることが、長女には価値観の押し付けに感じたよう。子どもと接する機会が少ない父親は、表面的なことでその事象を捉えたり、上から目線でモノを言ったりということが多くトラブルになりがち(我が家の場合)。

ということで、ファシリテーターの登場です。

「お父さんがどういう意図でそれを言っているか考えてみようか?」「その言い方ではうまく伝わっていないんじゃないかな」

すんなり和解とはなりませんでしたが、最悪な状態は回避。お互いに「そんなつもりじゃなかった」「そんなことはわかっていると思っていた」と。
前提や認識の違いがトラブルになる典型的なパターンじゃんと思いながら。。家庭にも、ぜひ、ファシリテーションを!!(矢部)

 

◇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥◇

株式会社エンパブリック メルマガ「根津の街から」

(第175号 2017年10月19日配信)

発行責任者=広石 拓司

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

ご意見・ご感想は mailto:info@empublic.jpまでご連絡ください

皆さまのご意見・ご感想お待ちしています。

配信停止希望の方はこちらからお手続きをお願いします。

http://empublic.jp/mail_news

◇‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥◇